投稿

13. や座

イメージ
矢座  Sagitta
動揺  Agitation


The Necklace Nebula



や座の領域には、2005年に発見されたという「ネックレス星雲」があります。NASAのコメントには「宇宙の宝石」と記してあります。惑星状星雲で15,000光年にあるそうです。
 ただ、シサスクが「や座」の曲を書いたのは1980年代ですから、当時、彼はまだこの星雲の存在を知らなかったわけですが・・。
 や座は全天で3番目に小さい星座で、はくちょう座とわし座の間にあって、均整がとれた形なので意外と見つけやすいそうです。古代ギリシャ時代から人々はこの星座を矢と見立てていました。

 天の川の中にあるので、周囲はたくさんの星に囲まれてとても賑やか。そのことはこの星座に重なるように存在する球状星団 M17 の画像を見てもわかります。

M71
や座のシサスクのイメージは「動揺」。矢がビュンビュン飛んでいくような素早い動きのある音楽ですが、天の川の無数の星たちに取り囲まれて、動揺している様子なのかもしれません。





12. へび座

イメージ
へび座  Serpens
出現  Manifestations




これは野尻抱影著「新星座巡礼」にある挿絵です。へび座は、蛇遣い(へびつかい座)につかまれている蛇で、頭の方と尾の方で星座の領域としては二つに分かれているという珍しい星座です。でもこの挿絵はちゃんと一匹の蛇に見えて、星粒だけの星図よりもわかりやすいですね。
 全天88星座の中に、へびの名がつく星座は3つもあります。「へび座」、「うみへび座」、そして「みずへび座」です。  シサスクのイメージはそれぞれ「出現」、「無限」、「鮮明なコントラスト」となっています。
 へび座の領域には、目を奪われるような美しい天体が二つあります。

Messier 5

 これは 北天で最も見事な球状星団の一つといわれる M5。25,000光年の距離にあり、10万個以上の星が集まっているそうです。へび座の頭部の方の領域にあります。


M16 and the Eagle Nebula

 これは、7,000光年の彼方にある散開星団 M16(シサスクは NGC6611 と記しています) と「わし星雲」です。これはへび座の尾の方の領域にあります。M16 は「わし星雲」の中に埋もれていてはっきりしないそうで、私にもどれなのかわかりませんが、兎にも角にも宇宙とは空想画のようでもあり、空なのに海のようでもあり、火山のマグマのようでもあり。調和した色合いに驚くばかりです。
 この画像の中央に柱のように立ち上がった形があります。それを大きく写した画像がこちら。

Pillars of Creation

この3本の巨大な柱は「創造の柱」と呼ばれる暗黒星雲です。7000光年の距離にあるということは、今見えているこの姿は7000年前の姿ということ。そのことに想いを馳せた時、なぜかこの画像が恐竜に見えてきました(笑)!
 ところで最古の恐竜ってどのくらい前?
 2億3000万年前!
 ところで宇宙の誕生はいつ?
 138億年前!

11. おうし座

イメージ
牡牛座  Taurus
鮮鋭  Sharpness


Bright Jupiter in Taurus


 シサスクさんに一番好きな星座は?と尋ねたことがあります。どれも好きだから答えにくいが、あえて言うなら「おうし座」とのこと。彼は星占いには全く興味がないそうですが、牡牛座の私はやっぱりちょっと嬉しいような。
 この画像では迫力あるジュピター(木星)が写っていますが、木星を挟むような二本の角(つの)は、そう、おうし(Taurus)の角です。ちょうど顔の部分には「ヒアデス星団」(Hyades)が、右の端には「プレアデス星団(Pleiades)」があります。右の角(つの)の先端の星はぎょしゃ座(Auriga)とつながっていて、左の角の先端近くには M1(かに星雲)があります。おうし座の下には「オリオン座」が、左端には「ふたご座」が見えています。
 これを眺めているだけで、二つのゴージャスな星団を含んだ「おうし座」の領域がどれほど魅力的かがわかり、シサスクが一番好きと言った理由もなるほどと思います。
Pleiades to Hyades


 左側の青い星の塊がプレアデス星団。右端のオレンジの星(アルデバラン)の周辺がヒアデス星団です。アルデバランは、アラビア語で「ついてくる者」という意味で、プレアデスの後を追っているという意味とのこと。この画像は本当に後を追っているように見えます。
 プレアデス星団については「北半球の星空」に挿入された組曲があり、その時に詳しく書きたいと思いますので、今回はヒアデス星団をよく見てみたいと思います。

Blue Comet in the Hyades


 ヒアデス星団とアルデバランがくっきりとした画像です。左上には青い彗星が飛んでいます。  ヒアデス星団は地球からおよそ150光年ですが、オレンジ色にひときわ大きく輝くおうし座の α星 アルデバランは地球からたったの 65光年しか離れていないため、星団とは遠近感があるように見えます。


 おしまいに、かに星雲 M1を見てみましょう。

M1: The Crab Nebula


地球から6,500光年の距離にあり、メシエカタログ1番に登録された「かに星雲」は超新星の残骸。超新星とは、巨大な恒星がその一生を終える時に起こす大規模な爆発現象のことで、夜空に突如明るく輝き出してまるで星が新しく生まれたかのように見えることからそういわれます。…

10. はと座

イメージ
鳩座  Columba
動き  Movement


はと座μ星:高速度星

  はと座は、うさぎ座の南にあって、地平に近い星座です。

  はと座のシサスクのイメージは「動き」。

 うしかい座のアルクトゥールスのように動く星があります。 星座を形作っている星ではないのですが、「はと座 μ星」という青い星で、秒速100km 以上という異常な速さで銀河系を通り抜けているといいます。この星は オリオン大星雲 M42 で生まれ、そこから飛び出して暴走しているとのこと。NASA に一枚、それを表す写真が見つかりました。上の方に大きく青白く輝く星が「はと座 μ星」でしょうか。まさに星雲から生まれて飛び出したように動きのある芸術的な画像です。

はと座 μ星 のような高速度星はほかにもあります。少なくともあと二つ、おひつじ座とぎょしゃ座にあって、それらもオリオン大星雲から飛び出した星であるとか。
 しかし、そんなに猛スピードで飛んでも、隣の星座に行き着くのに数万年かかるということです。宇宙の広さ、恐るべし!

 シサスクの「はと座」の音楽は、くるくると回転するような音型、そして同じフレーズを何度も何度も繰り返します。あちこちに放射しているような動きでもあり、近づいたと思ったら徐々に遠ざかっていきます。


9. うさぎ座

イメージ
兎座  Lepus
孤独  Solitude


M79


 古代ギリシア時代から知られていたという「うさぎ座」。オリオン座の南下にあり、西にはおおいぬ座があるので、オリオンが狩り立てているとか、大犬シリウスに追われている兎などと言われ、冬の澄んだ夜空では見つけやすい星座とのこと。  うさぎ座の足元には球状星団 M79 があります。拡大した写真なので華やかに見えますが、遠くに見ると白っぽく、小さな天体だそうです。私たちの天の川銀河にある球状星団というのは、ほとんどがいて座の方向、つまり銀河の中心部の方向にあるらしいのですが、この M79 は中心部からかなり離れており、地球からは天の川の方向とは反対側に見えるそうです。

Crimson Star


これは深紅色星(クリムゾンスター)と呼ばれ、くじら座のミラのような変光星です。うさぎ座 R星 として、シサスクの星図の中にも R と記されています。
 シサスクのうさぎ座のイメージは「孤独」。

 膨大な星が集まる賑やかな銀河の中心から遠く外れた M79 や、ポツンと輝くクリムゾンスターを知るとそのイメージに納得します。

 シサスクのうさぎ座の音楽は、「北半球の星空」全曲の中で最も音の数が少なく、左右はユニゾン(同じ音の単旋律)で、微かな抑揚しかありません。曲の終わりは pppp(ピアニシシシモ)になり、全曲中、最も小さな音量になっています。
 誰も行き着くことのできない星。二度と帰ってこられないような遠い星。

 孤独だけれども、ちゃんと存在している・・。それを教えてくれるうさぎ座です。



8. うしかい座

イメージ
牛飼い座  Bootes
渦  Vortex



うしかい座のシサスクのイメージは「渦」。
 なぜ「渦」なのか、この曲がどうしてこのような曲想なのか、とても悩みました。結論としては、2つの点を考えました。
 一つ目。説明が大変難しいです。
 うしかい座の領域には銀河がない「超空洞=ボイド void」とよばれる部分があります。このことが発見されたのは1981年ですから、シサスクが「北半球の星空」を作曲している最中のことです。このころ、宇宙がどういう構造になっているかについて新しい推測がなされました。  宇宙には銀河が密集している銀河団、銀河群といった領域もあれば、物質がほとんど何もない領域があります。上の画像の真っ黒な部分は「暗黒星雲」と呼ばれる光を出さない星間雲で、星はほとんどなく、ガスや宇宙の塵が集まっています。   うしかい座の方向の3億光年の彼方には1億5000万光年に渡って銀河が存在しない領域があり、そこは「うしかい座ボイド」と名付けられました。そのような発見から、宇宙は石鹸を泡だてたような構造になっているという説が生まれました。つまり、宇宙は石鹸を泡だてた時にできる幾重にも積み重なった泡のような構造をしていて、泡の表面に銀河が点在し、泡の中の空洞には銀河が存在しないというイメージ。泡、といっても超巨大な泡です!  そのことから私はシサスクは、泡の空洞の「内側」から、泡の表面、即ち無数の銀河が渦巻く様子を眺めてみたのかもしれないと思いました。上の画像でいうと、真っ黒な部分(平面ではなく空洞と考える)から、星の密集した周囲を360度、見渡す感じです。
 そう考えたきっかけは、彼の音楽からです。シサスクの「うしかい座」の音楽は、まさに泡がはじけているようでもあるし、絡み合うような動きは網目のようで、それも泡を想起させます。しかし、宇宙における泡とは、石鹸の泡とはわけが違います。広大な範囲に散らばった無数の星や銀河の泡は、遠くから見たら一つの大きな渦のようにまとまって見えるかもしれません。シサスクの「うしかい座」は決してスケールの大きな曲ではありませんが、このような事実を空想すると宇宙の謎めいた部分を楽しめると思います。

 二つ目。うしかい座にオレンジ色に輝く大きな一等星、アルクトゥールスに触れないわけにはいきません。

A Spectacular Sky Over the Grand T…

7. アンドロメダ座

イメージ
アンドロメダ座   Andromeda
力  Force - 雷雨、虹  Thunderstorm, Rainbow
M31: The Andromeda Galaxy 


 肉眼で見られる銀河があります。
 このアンドロメダ銀河と、南半球で見られる大マゼラン銀河、小マゼラン銀河の3つ。視力の優れた人にはもう一つ、さんかく座銀河(M33)が見えるそうです。
 私はアンドロメダ銀河を肉眼で見たことがあります。でも相当小さいですから、あったー!っと見つけてもすぐまた見失ってしまう(笑)!
 上の画像は、アンドロメダ銀河のつい最近(2019年9月9日)のものです。やっぱり拡大画像で見るのが一番ですね!それにしてもこれはもう、ただ美しいという言葉では足りません。  アンドロメダ銀河はたくさんの画像があるので、折角ですからもう一つアップしてみましょう。
M31: The Andromeda Galaxy 


 野尻抱影氏は「まるで吹雪が凄まじい旋風で楕円状の大渦を巻いた姿」と表現していますが、こちらの青みのある画像では、そんな風にも感じます。
 アンドロメダ銀河は我々の天の川銀河の隣にあるとよく言われますが、隣といっても地球から250万光年も離れています。もしこの渦巻きの腕の部分に太陽系のような構造があれば、生命が存在するかもしれません。私は宇宙人は絶対いると思っていますが、発見などできなくても良いのではないでしょうか。古代の人々が天地を創造した神々を想ったように、想像することが素晴らしいのではないかと思うのです。
 シサスクが初版譜面に記した星座図には、アンドロメダ銀河の他に、あと二つ、銀河が記されています。散開星団 NGC752と惑星状星雲 NGC7662 です。NASA画像には後者の方が見つかりました。
the Blue Snowball NebulaNGC7662)

 「青い雪玉星雲」の呼び名を持っています。中央からガスが放出されているそうです。


 シサスクのアンドロメダ座のイメージは「力 - 雷雨、虹」。
 edition49 の楽譜では「力」の英訳が Power になっていますが、エストニア語から翻訳すると Force が適訳かと思います。雷雨の訳はもしかしたら「雷」だけでも良いかもしれません。「力」の具体的なイメージを「雷」で表しているのはわかりやすいですが、加えて「…

6. くじら座

イメージ
鯨座  Cetus

切望  Yearning
NGC 246  Skull Nebula
 くじら座の初版楽譜に描かれている星座図には、この天体 NGC246(惑星状星雲)のみ記されています。くじら座の領域には唯一、メシエ天体 M77 があるのですが、まさかシサスクがそれを書き忘れるわけはないと思いつつ、もしかしてシサスクにとってはこちらの天体の方がインパクトが強いのなのかなと解釈しておきたいと思います。
 この天体 NGC246はSkull Nebula とも呼ばれています。日本語では「頭蓋骨星雲」「どくろ星雲」、「脳みそ星雲」と訳されています。なんとも不気味ですが、死にかけている(正確には死にかけている星々を取り囲んでいる)天体なのです。 くじら座は、ギリシャ神話では、岩につながれたアンドロメダ王女を喰おうとした怪物です。星座の絵図は、頭と前足は猛獣のようで後ろ足は無く、尾だけがクジラの尾に似ています。

 そんな怪物の心臓部に「ミラ Mira」という星があります。くじら座といえば「ミラ」というほど、ミラはもっとも有名な脈動変光星です。変光星として発見されたのは1596年に遡り、「不思議」というラテン語の名「ミラ」が命名されました。
 ミラは約11ヶ月の周期で収縮したり膨張したりして明るさを変えます。最も収縮した直後に高温となって光度が極大(最高2等星)になり、膨張するときはその逆になって光度が低下(最低9等星)まで下がるとのことです。野尻抱影氏によると、9等星まで落ちるということは、500分の1の明るさになるということで、肉眼では見えない時期は何ヶ月にも及ぶそうです。
 ミラには彗星のような尾があり、長さはなんと全長13光年にわたるとか。


Mira Soars Through the Sky
 この尾はミラが収縮するときに放出された星の外層部の残骸なのだそうです。


 シサスクのくじら座のイメージは「切望」。
 なぜでしょうか。この答えは、音楽に付随させている有名なカレワラ伝説「ヴァイナモイネンの膝の傷」のお話にあるように思います。  私はミラの尾を引く光や心臓のような収縮を知り、ピンときました。年老いた魔術師ヴァイナモイネンが故郷に帰る途中で斧で膝を切って血が止まらなくなったという話と見事に重なったのです。魔術師なのに血を止める呪文を知らず、さまよい歩いてやっとその呪文を知る老人を見…

5. かみのけ座

イメージ
髪座 Coma Berenices転変ーオーロラ  Mutability-Northern Lights
Coma Cluster  かみのけ座銀河団
 地球(太陽系)は天の川銀河に存在する、と以前書きました。では天の川銀河は宇宙のどこにあるのでしょうか。  上の画像をクリックしてみてください。ふちがぼんやり見えるのが銀河。ここは、いろいろな形の無数の銀河が重力の影響を受けて集団になっている「かみのけ座銀河団」という領域です。天の川銀河はこの銀河団ではなく、すぐ南隣にある「おとめ座銀河団」にあると言われています。
 シサスクのかみのけ座のイメージは「転変ーオーロラ」。  かみのけ座には「銀河の北極点」があります。銀河の北極点、つまり地球から見て、かみのけ座の方向は、ほかの天体に遮られることなく遠方の銀河がよく見える場所で「宇宙の窓」とも呼ばれています。  一方、オーロラは極光ともいい、天体の極地(天頂)付近で発生するといわれます。  シサスクは「宇宙の窓」からオーロラを連想したと同時に、個性ある無数の銀河に、オーロラのように怪しげにゆらめき転変する色のイメージを重ね合わせたのではないでしょうか。初版楽譜には、かみのけ座の領域に4つの銀河が書き込まれています。一つずつNASAの画像で見てみましょう。

M64: The Black Eye Galaxy  黒眼銀河


NGC 4565  渦巻銀河



M53 球状星団


Markarian's Chain of Galaxies

「マルカリアンの鎖」という上の画像は、おとめ座銀河団の一部ですが、ここにはシサスクが書き入れている M88 という銀河も含まれています。なめらかな弧を描くような銀河のチェーン、美しいですね!  シサスクの「かみのけ座」の曲では、渦を巻く銀河のような回転する動き、カラフルで個性的な銀河一つ一つへの愛着を感じるような聴きやすい調性感もありつつ、鋭く光を放つ高音から重量感のある低音まで使って、銀河団のスケールの大きさも表現しているようです。どことなく不穏な空気が漂うのは、オーロラの揺らめきなのか、はたまた髪の毛という不気味な星座の名から来ているか。

4. おおいぬ座

イメージ
大犬座 Canis Major性急 Hastening An artist's impression of Sirius A and B
 おおいぬ座は、全天で一番明るい星シリウスが煌めく、非常に大きな星座です。  シリウスというと、冥王星の命名者であり、「星の抱影」と称される野尻抱影(のじりほうえい 1885-1977)を思い出します。シリウスについての膨大な情報をその当時、どうやって収集したのかと驚きを禁じ得ないほど、詳しい説明が書かれています。改めて読んでみると、シリウスについてここに書くなら、野尻氏文献から拝借しようと思いました。  上の画像は、シリウスを中心に太陽系の方向を見た想像図です。シリウスには、肉眼では見えないシリウスB(地球と同じくらいの大きさ)という伴星があり、その二つの比較を表した図でもあります。  シリウスは直径が太陽の2倍半の大きさで、距離は8.6光年と地球から近く、あらゆる一等星の光を圧しているとのこと。わし座のアルタイル(上図ではシリウスの上に描かれている)が標準的な一等星の光度ですが、シリウスはその13倍の光輝を放つそうです。  おおいぬ座のシサスクのイメージは「性急」。なんと、野尻氏も同じイメージであることを文章から発見し、驚喜!  野尻抱影著「星三百六十五日・冬」より 師走もふけてきた。(中略)九時ごろ、この冬初めてのシリウスを見た。三つ星から東南へ二十度、まだ地平によどむ濛気(もうき)の中で盛んに瞬いている。いつ見ても性急なきらめきの星だが、今夜はヒステリックといいたいほどで、青からたびたび赤に変わる。(中略)シリウスはマイナス1.6 等星という超一等星で、大きな惑星でもない限り、冬夜の大王である。(中略)この大王が現れてくると、オリオンを初めすべての星が息を潜めて、横目づかいで見ているような感じがする。
更によく読んでみると、「性急」というイメージは、古代から信じられてきた話とも重なっているようです。  ギリシャからローマ時代にかけては、シリウスの強い光は太陽と空に並ぶと人間や動植物に熱病や疫病などの禍いを及ぼすと信じられ、「シリウスが昇る時には水が泡立ち、酒造の葡萄酒は揺れ、沼の水はぷくぷく沸く」といわれていたとか。また英国ではシリウスを  Dog Star、 三伏の炎暑の候を「犬の日」 Dog Days と呼び、それはこの星が現れ…