投稿

20. オリオン座

イメージ
オリオン座  Orion
凝固  Solidification



M42: The Great Orion Nebula


 足元に二匹の犬(おおいぬ座とこいぬ座)を従えた狩人オリオンは、天の赤道にあるため、地球上のほとんどの地域から見ることができます。オリオン座で最も有名なのは、オリオン大星雲(散光星雲) M42です。全天で最も壮大な天体の一つで、見かけの大きさが満月の2倍以上あるので、条件によっては肉眼でも見ることができます。光るガスの集合体といわれるM42 では、星が誕生しつつあります。


Camera Orion

 オリオン座の全貌です。オリオン座のベルト(三つ星)の下にある Orion Nebula が上の画像の M42です。ベテルギウス Betelgeuse はアラビア語で「巨人の腋の下」の意。リゲル Rigel は「巨人の左足」を意味します。

Orion over the Austrian Alps
 オリオン座の美しい写真は限りなくあるかと思いますが、オーストリアのアルプス上空で撮影されたというこの画像は、シサスクのイメージ「凝固」と重なりました。凝固という言葉は少し難しいですが、たとえば水の場合は「氷結」という言い方になるかと思います。
 北半球に暮らす人々にとって、オリオン座は冬の星座というイメージがあります。野尻抱影氏によれば、「凍りつく雲なき冬の夜ほど、星空は凄まじいばかりの美しさとなり、オリオン座付近から教えられた星の美と神秘は、生涯を通じ冬毎に味わずにはいられない」とのこと。この画像のオリオン座も、冬ならではの澄み切った空気のせいか、輝きが一層、神秘さを増しているように見えます。
 シサスクのオリオン座の音楽は、圧倒的な輝く力を有しながらも、凍てつく寒さには打ち勝てず、その有り余るエネルギーを放散しきれないまま、最後は凝固(氷結)し、息絶えるように終わります。



19. こいぬ座

イメージ
小犬座  Canis Minor
混乱  Confusion



Cold Mountain Sky


 おおいぬ座、こいぬ座は、狩人オリオンが連れている2匹の犬といわれています。


Winter Hexagon Over Stagecoach Colorado


おおいぬ座のシリウス、オリオン座のベテルギウスと、こいぬ座のプロキオンが「冬の大三角」を形作ることは、以前、「おおいぬ座」のブログで書きました。
 こいぬ座のプロキオンは、上の写真のように、六角形の一部でもあります。この六角形は「冬の六角形」あるいは「冬のダイヤモンド」と呼ばれ、6つの一等星(オリオン座のリゲル、おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオン、ふたご座のポルックス、ぎょしゃ座のカペラ、おうし座のアルデバラン)で形作られています。
 シサスクのおおいぬ座のイメージは「性急」であるのに対し、こいぬ座は「混乱」です。こいぬ座のプロキオンは、おおいぬ座のシリウスより十数分前に昇ってくるとのことで、もしかしたら、「シリウスが昇って来ないと、冬の六角形も冬の大三角も作れやしない!」などと混乱しているのでしょうか?(笑)

 こいぬ座の星は2つしかなく、犬の形には到底見えません。シサスクのこいぬ座の音楽は、子犬が騒いでいるようにも聞こえる落ち着かない曲ですが、この2つしかない星を同音反復で表現しているのかもしれません。コーダでは、8拍のばす和音が5種類、登場しますが、5番目の和音だけ、立ち止まったように倍長く引き延ばされます。”プロキオン君” は、冬の六角形の星を一つずつ確認しようとするも「あと一つ足りない、おかしい」とハテナハテナ、最後は頭混乱、おろおろチャンチャン!と終わっています(笑)!


 こんなふざけた解釈で、シサスクさん、ごめんなさい   m(_ _)m






18. こぐま座

イメージ
小熊座  Ursa Minor
平和  Peace


The Big Dipper
 大きい柄杓は北斗七星 The Big Dipper で、おおぐま座の一部、小さい柄杓は小北斗七星 The Little Dipper とも呼ばれることもある、こぐま座の一部です。


The Little Dipper


 こぐま座にはクマの尻尾の先に北極星 Polaris が輝いています。上の画像の北極星のそばに書かれた円の中心は天の北極を示していて、北極星はそこから少しだけ離れたところにあります。船乗りは昔から、北極星の方向がほぼ真北であることを知っていたといいます。
 シサスク自筆の星座図にもこれら2つの位置がしっかりと書かれています。




 PÕHJANAEL は北極星。 TAEVA NABA(+ ) が天の北極です。TAEVA は天(HEAVEN)、NABA はなんと、へそという意味です。エストニア語では天の北極を「天のへそ」って呼ぶのでしょうか!?!

 ところで、シサスクによるへびつかい座の星座図には地平線が書き込まれています。つまり、へびつかい座は地平線近くの低いところに見える星座ということです。こぐま座はそれに対し、天の一番高いところに位置する北極星を含む星座。シサスクのこぐま座のイメージが「平和」であることが納得できます。戦争によって破壊された地上世界を思わせる「へびつかい座」の曲に対し、空高く天の北極にあり、一年中見ることのできる「こぐま座」は、まさに天上の世界、永遠の平和を思わせるからです。



Polaris


 こぐま座のシサスクの音楽には、なかなか癒えることのない戦争の、あるいは心の傷跡が感じられます。平和であることを噛み締めるには、まだ長い時間がかかるだろうけれど、北極星はいつも君を見守っているよ、という優しい輝きを放っているのかもしれません。


17. へびつかい座

イメージ
蛇遣座  Ophiuchus
破滅  Ruin


Snake in the Dark


Snake in the Dark ・・確かに蛇のようなシルエットが見えます。蛇星雲、吸光雲とも呼ばれる塵が星の光を吸収してしまい、そこに星があるにもかかわらず、人間の目には星が見えないのだそうです。
 へびつかい座はとても大きな星座ですが、目立つ星がなく、数多の星団や星雲があるのが特徴。シサスクのへびつかい座のイメージは「破滅」と訳しましたが、エストニア語 häving の英訳  ruin には、破壊、荒廃といった意味もあります。この画像を見ていると、周囲の星の色味までもが、このままどんどん無くなっていくような気がして、とても不気味です。
 「銀河巡礼〜北半球の星空」に付随する物語の章立てからもわかるように、シサスクは、おひつじ座「緊迫」、へびつかい座「破滅」の後に、こぐま座「平和」を続けて作曲しています。この3曲は「北半球の星空」の曲集の中でとても重要な意味を持っていると私は感じています。「北半球の星空」の物語は、シサスクの友人で、民俗学者、生物学者であるミック・サルヴ Mikk Sarv 氏が、一つ一つの星座にふさわしい神話や伝説を探して編纂しました。その物語の結びには次のような文章を書いています。
 1987年秋。エストニアのトラヴェレにある天体物理学観測所で「星の夜」というコンサートが開かれました。終演後、天文学者のヤーン・エイナスト教授は、ご自身の若い頃の思い出を熱心に語ったそうです。  1944年、第二次世界大戦の最後の戦闘で、幼い彼は両親と共にエルヴァに避難しました。ある晴れ渡った8月の夜、小さな望遠鏡で星たちの美しさに見とれながらこう思ったそうです。「もし今、大砲の後ろで見張っている人がただ一度でも空を見上げたら、戦争の無益さを理解し、永遠に戦争が終わるのではないだろうか」と。
おひつじ座、へびつかい座の2曲は、cis (ド#)の音を引き継いで切れ目なく繋がっている、と前回書きました。へびつかい座は「緊迫」から突き進んだ戦争の記憶を蘇らせる音楽に思えてなりません。シサスクが「北半球の星空」を作曲したのは1980年から87年にかけてで、エストニアは当時まだロシアから独立しておらず、戦争の記憶は新しかったのです。(みずがめ座でも少し触れています。)

M10

M12

 へびつかい座の領域には…

16. おひつじ座

イメージ
牡羊座  Aries
緊迫  Tensions



Stardust in Aries


 おひつじ座はプレアデス星団の近くにあります。雲のように広がっているのはスターダスト(宇宙塵)で、写真の右の方に写っている青い星はおひつじ座 ε(イプシロン)星とのことです。γ (ガンマ)星には1664年にイギリス人によって発見(おそらく最初の発見)された二重星があります。
Arp 78: Peculiar Galaxy in Aries 
 シサスクの星座図には番号のついた銀河は書かれていませんが、非棒状渦巻銀河があり、Arp78 のほかに NGC772  の番号も併せ持っています。一億3000万光年の彼方にあり、直径は私たちの銀河系の2倍以上大きいとか。


UGC 2369
これはハッブル望遠鏡がおひつじ座の方向で捉えたという2019年8月5日に公開された画像です。二つの銀河は重力によって今後さらに引き寄せられ、やがて巨大なひとつの銀河になるだろうとのことで、Milkomeda という名前も既についています。私たちの天の川銀河も衝突によって生まれたと推測する人もいますし、なんとこれから40億年後、天の川銀河は、お隣のアンドロメダ銀河と衝突するだろうと言われています。
 この新しい情報をシサスクも興味深く見ていることでしょう。星座のイメージは時とともに変わっていくのかもしれませんが、おひつじ座のシサスクのイメージ「緊迫」は、予感としてもよく合っているようです。3つの画像に共通して見える青白い光にもどことなく緊迫感が感じられます。
野尻抱影氏によると、おひつじ座はとても古い星座で、古代にはこの星座が天の中心と考えられおり、黄道十二宮でもあるこの星座に太陽が入ると、エジプトでは祭りを催して、人々は羊の頭を花で飾り、行列を作って練り歩いたそうです。
 おひつじ座の曲は、3つの離れた音の三和音でやや緊張感を持って始まります。3つの音はもしかしたら、α β γ というおひつじ座の羊の頭に輝く3つの星を表しているのではないでしょうか。左手から始まる旋律には、聞き耳を立てて周囲に何か近づいてこないかをうかがうような様子が感じられます。そのようなイメージから音楽は、大地へ、過去の歴史へ、星々の未来へとあらゆる方向に広がって、気がつけば壮大な宇宙空間に居るといった驚くべき展開を見せます。終結部で三和音が左右一緒に並ぶの…

15. こと座

イメージ
琴座  Lyra
幸福  Happiness



Stars of a Summer's Triangle

ここに並ぶ一等星は、右から、こと座のベガ、はくちょう座のデネブ、わし座のアルタイルです。野尻抱影氏によるとベガは、夏の夜のクイーンと讃えられているそうです。この3つの星は「夏の大三角」を形作ります。3つの星を比較してみましょう。
 ベガ:太陽の30倍明るい。25光年。  デネブ:太陽の54000倍明るい。1400光年。  アルタイル:太陽の10倍明るい。17光年。
どれも太陽より温度が高いため、青白く見えるのですが、距離の関係から、一番明るく見えるのはベガです。ベガは全天で5番目に明るい一等星です。
 一番明るい一等星はというと、おおいぬ座の「シリウス」です。ところがなんと、遠い未来に、ベガはシリウスを凌ぐ光になるとのことです。それだけではありません。約12000年後、ベガが今の北極星に代わり、新しい北極星になります。少し難しい話ですが、地球の自転軸が歳差運動によって少しずつ変化しているため、このようなことが起こるということです。



When Vega is North
NASAのページに面白い画像を見つけました。
左は今の北極星を中心にした画像。右は未来の北極星ベガを中心として星が回っている画像!

M57: The Ring Nebula
 これは、こと座の領域にある惑星状星雲 M57 です。環状星雲とかリング状星雲、あるいはドーナツ星雲などとも呼ばれています。
鮮やかな色彩に目を奪われます。

 シサスクのこと座のイメージは「幸福」。

  この曲は「銀河巡礼〜北半球の星空」の中で、最も美しく、親しみやすい曲ではないでしょうか。
 向こうが透けて見えるような音色から、こんな宇宙の声が聞こえきます。

 目を閉じて、見えないけれど存在するものを感じる時間、聞こえないものを聴こうとする時間を大切にすると、
幸福を感じるでしょう?

ベガは未来の新しい変化を想像することも教えてくれています。




14. からす座

イメージ
烏座  Corvus
風雪  Snowstorm

The Antennae (NGC4038 and NGC4039)


 ハートのリボンのように見えるこの銀河ですが、名前は触覚銀河、あるいはアンテナ銀河といいます。シサスクの楽譜に書かれた星座図に NGCの番号は載っていませんが、連星を意味する記号が記されています。これは2つの銀河が衝突し、その衝撃で変形し、このような形になったそうです。有名な相互作用銀河とのこと。昆虫の触角のような2本のアンテナは、銀河を構成する星やガスなどの物質が流れ出ている様子です。


 シサスクのからす座のイメージは「風雪」。


 左右交互にゴトゴトとリズムを刻む前半と、後半、ユニゾンになっていく音楽は、2つの似たような銀河がぶつかり合い、やがて合体していくような音にも聞こえます。

 後半の広い跳躍には外側に放射するようなエネルギーを感じます。 「風雪」Snowstorm としたのは、その激しさを表現したかったのかもしれません。

 野尻抱影氏によると、からす座は、烏が海蛇の背にとまって嘴でつついている姿とあり、シサスクの音楽は確かに、烏がつついているようにも聞こえますが、この銀河の衝突の画像を見ることで、この曲が全く違うものに思えてきます。



13. や座

イメージ
矢座  Sagitta
動揺  Agitation


The Necklace Nebula



や座の領域には、2005年に発見されたという「ネックレス星雲」があります。NASAのコメントには「宇宙の宝石」と記してあります。惑星状星雲で15,000光年にあるそうです。
 ただ、シサスクが「や座」の曲を書いたのは1980年代ですから、当時、彼はまだこの星雲の存在を知らなかったわけですが・・。
 や座は全天で3番目に小さい星座で、はくちょう座とわし座の間にあって、均整がとれた形なので意外と見つけやすいそうです。古代ギリシャ時代から人々はこの星座を矢と見立てていました。

 天の川の中にあるので、周囲はたくさんの星に囲まれてとても賑やか。そのことはこの星座に重なるように存在する球状星団 M17 の画像を見てもわかります。

M71
や座のシサスクのイメージは「動揺」。矢がビュンビュン飛んでいくような素早い動きのある音楽ですが、天の川の無数の星たちに取り囲まれて、動揺している様子なのかもしれません。





12. へび座

イメージ
へび座  Serpens
出現  Manifestations




これは野尻抱影著「新星座巡礼」にある挿絵です。へび座は、蛇遣い(へびつかい座)につかまれている蛇で、頭の方と尾の方で星座の領域としては二つに分かれているという珍しい星座です。でもこの挿絵はちゃんと一匹の蛇に見えて、星粒だけの星図よりもわかりやすいですね。
 全天88星座の中に、へびの名がつく星座は3つもあります。「へび座」、「うみへび座」、そして「みずへび座」です。  シサスクのイメージはそれぞれ「出現」、「無限」、「鮮明なコントラスト」となっています。
 へび座の領域には、目を奪われるような美しい天体が二つあります。

Messier 5

 これは 北天で最も見事な球状星団の一つといわれる M5。25,000光年の距離にあり、10万個以上の星が集まっているそうです。へび座の頭部の方の領域にあります。


M16 and the Eagle Nebula

 これは、7,000光年の彼方にある散開星団 M16(シサスクは NGC6611 と記しています) と「わし星雲」です。これはへび座の尾の方の領域にあります。M16 は「わし星雲」の中に埋もれていてはっきりしないそうで、私にもどれなのかわかりませんが、兎にも角にも宇宙とは空想画のようでもあり、空なのに海のようでもあり、火山のマグマのようでもあり。調和した色合いに驚くばかりです。
 この画像の中央に柱のように立ち上がった形があります。それを大きく写した画像がこちら。

Pillars of Creation

この3本の巨大な柱は「創造の柱」と呼ばれる暗黒星雲です。7000光年の距離にあるということは、今見えているこの姿は7000年前の姿ということ。そのことに想いを馳せた時、なぜかこの画像が恐竜に見えてきました(笑)!
 ところで最古の恐竜ってどのくらい前?
 2億3000万年前!
 ところで宇宙の誕生はいつ?
 138億年前!

11. おうし座

イメージ
牡牛座  Taurus
鮮鋭  Sharpness


Bright Jupiter in Taurus


 シサスクさんに一番好きな星座は?と尋ねたことがあります。どれも好きだから答えにくいが、あえて言うなら「おうし座」とのこと。彼は星占いには全く興味がないそうですが、牡牛座の私はやっぱりちょっと嬉しいような。
 この画像では迫力あるジュピター(木星)が写っていますが、木星を挟むような二本の角(つの)は、そう、おうし(Taurus)の角です。ちょうど顔の部分には「ヒアデス星団」(Hyades)が、右の端には「プレアデス星団(Pleiades)」があります。右の角(つの)の先端の星はぎょしゃ座(Auriga)とつながっていて、左の角の先端近くには M1(かに星雲)があります。おうし座の下には「オリオン座」が、左端には「ふたご座」が見えています。
 これを眺めているだけで、二つのゴージャスな星団を含んだ「おうし座」の領域がどれほど魅力的かがわかり、シサスクが一番好きと言った理由もなるほどと思います。
Pleiades to Hyades


 左側の青い星の塊がプレアデス星団。右端のオレンジの星(アルデバラン)の周辺がヒアデス星団です。アルデバランは、アラビア語で「ついてくる者」という意味で、プレアデスの後を追っているという意味とのこと。この画像は本当に後を追っているように見えます。
 プレアデス星団については「北半球の星空」に挿入された組曲があり、その時に詳しく書きたいと思いますので、今回はヒアデス星団をよく見てみたいと思います。

Blue Comet in the Hyades


 ヒアデス星団とアルデバランがくっきりとした画像です。左上には青い彗星が飛んでいます。  ヒアデス星団は地球からおよそ150光年ですが、オレンジ色にひときわ大きく輝くおうし座の α星 アルデバランは地球からたったの 65光年しか離れていないため、星団とは遠近感があるように見えます。


 おしまいに、かに星雲 M1を見てみましょう。

M1: The Crab Nebula


地球から6,500光年の距離にあり、メシエカタログ1番に登録された「かに星雲」は超新星の残骸。超新星とは、巨大な恒星がその一生を終える時に起こす大規模な爆発現象のことで、夜空に突如明るく輝き出してまるで星が新しく生まれたかのように見えることからそういわれます。…